他で融資を断られても可能性アリ
ファクタリングで即日資金調達
↓ ↓ ↓ ↓

日本公庫は審査は甘いほうではないので要注意!

 

法人企業や個人事業主がお金を借りる先としてあまりにも有名な日本政策金融公庫。

 

日本政策金融公庫という機関は、2008年に発足し、合計4つの政府系金融機関が統合しています。

 

簡単に言ってしまえば、政府から全額資本金を出資している政府系金融機関となります。

 

 

それではもう少し詳しく日本政策金融公庫について書かせていただきます。

 

日本政策金融公庫は例えば銀行からお金を借りることが出来ないような民間の中小企業、またはこれから新規に起業する方へ融資を提供している機関となります。

 

融資対象の中でも、得に創業資金に対し積極的な融資を行っており、全ての起業家にとって頼りになる存在と言えるでしょう。

 

冒頭でも書かせていただきましたが、この日本政策金融公庫は政府系機関の一種となりますので、あらゆる日本国民から「存在意義があり、現代には必要不可欠な機関」と感じられる運営が存続には絶対に必要となります。

 

そのことから、この創業融資については、存在意義を大々的に知ってもらうために、非常に有効となるのです。

 

 

しかし当たり前のことですが、日本公庫は返済能力が認められない人に対しての融資は一切行っていません。

 

それなりの事業計画書を提出し、返済の見込みがあることを納得させなければいけないのです。

 

ですので、いくら起業家と言いましても、日本政策金融公庫の融資審査を通過するのは正直難しいのです。

 

日本政策金融公庫は銀行の事業資金融資融資やビジネスローンに比べ審査通過しやすそうですが、決して審査が甘く緩いわけではないのです。

 

ちなみに、日本公庫の審査は消費者金融や銀行などとは別の審査基準となるのでご注意ください。

 

 

もし資金繰りがショートしそうな場合は、ファクタリングなどを利用するのもいいでしょう。

 

売掛金さえあれば、銀行融資・日本政策金融公庫などから断られていても資金調達は可能です。

 

ファクタリングについてはコチラに詳しく記載されているので、ぜひ検討してみるといいでしょう。


他で融資を断られても可能性アリ
ファクタリングで即日資金調達
↓ ↓ ↓ ↓