他で融資を断られても可能性アリ
ファクタリングで即日資金調達
↓ ↓ ↓ ↓

もみじ銀行の事業資金融資は審査が通りやすいですか?

 

 

 

もみじ銀行のビジネスローン「ジャストミート」について解説していますので、参考程度にご覧いただければと思います。

 

もみじ銀行のビジネスローンは、100万円〜最高で5000万円までの融資を可能としています。

 

少額から大口まで借入できますので、幅広いビジネスに対応できるビジネスローンです。

 

不動産担保・第三者保証は原則不要となりますが、条件によっては必要となる場合がありますのでご注意下さい。

 

既に他から借り入れをしていても問題ありません。

 

 

気になる「もみじ銀行ビジネスローン」の審査基準ですが、やはり銀行が提供するだけあって厳しくみられるようです。

 

資金繰りするのは難しく、また申し込みから融資までに時間がかかりますので、即日にでも借り入れをしたい場合などは向いていません。

 

 

商工ローンであれば比較的審査が甘い・緩いケースが多いので、通りやすいと言われており融資までの時間は短くて済みます。

 

つなぎ資金として利用するのには良いかもしれません。

 

ですが銀行からの融資を受けにくくなったり、既に借り入れをしている状況で商工ローンを利用すると、借入先から融資を打ち切られることがありますので注意が必要です。

 

 

銀行や商工ローン以外の資金調達先としてチェックしておくと良いのがファクタリングです。

 

企業の売掛債権を譲渡し、支払期日前に資金を提供してもらうことができる金融サービスです。

 

最近ではこのサービスで事業運転資金を回す企業が増加しており、新たな助け舟として人気を呼んでいます。

 

即日資金化も可能としており資金ニーズに迅速的に対応できる強みがあります。

 

またリスクヘッジも兼ね備えており、万が一債権が回収不可能となった場合でもファクタリング会社が保証をしてくれるのです。

 

もちろん必ず保証してくれるわけではありませんので、その点は確認する必要があります。

 

 

ファクタリングは売掛債権が発生していることが前提条件となり、他にも会社によっていくつか審査を通過するための条件が用意されています。

 

資金繰り先でお悩みであれば詳細だけでもチェックしてみるとよいでしょう。

 

資金ショートで倒産してしまう企業は沢山あります。

 

資金調達は会社の存続に大きく関わってきますので、安全かつスピーディーに対応できるファクタリングがオススメです。


 
他で融資を断られても可能性アリ
ファクタリングで即日資金調達
↓ ↓ ↓ ↓