事業運転資金を即日融資してもらうにはどうすればいい?

銀行などで事業資金の大口融資を断られたらどうすればいいの?

 

会社を経営していく上で大きな悩みの種ともなるのが「資金繰り」ではないでしょうか?

 

理想通りに会社を成長させるには事業運転資金をショートさせてしまうと、赤字や倒産の危機に陥るのは言うまでもありません。

 

事業資金を調達する方法として真っ先に思い浮かべるのはやはり銀行からの融資かと思います。

 

金利が低いので返済負担を出来るだけ抑えられるのは魅力的です。

 

しかし、銀行からの資金調達は思いのほか大変で、そう簡単に融資をしてくれないものです。

 

融資額が自然と大口になるので余計に大変です。

 

実際に申し込んでも断られたという経営者も多いのではないでしょうか?

 

また、審査に通ったとしても融資を受けるまでに時間がかかることが多いです。

 

直ぐにでも借入れをしたくても、実現する可能性は低いのです。

 

 

 

銀行以外から資金調達を行う方法としては他に商工ローン(ビジネスローン)もあります。

 

銀行よりも審査が緩いと言われており即日で融資をしてくれることもありますが、デメリットが多くオススメは出来ません。

 

既に銀行から融資を受けている場合、商工ローンを利用していることがバレると今後の融資が打ち切られたり貸し剥がしにあう危険性もあるからです。

 

これらの機関からまとまった資金が借りられないとなると、他に方法は無いのかと言われると、そうでもありません。

 

実は今、資金繰りで困っている企業向けの「ファクタリング」と呼ばれるサービスがあるのをご存知でしょうか?

 

 

取引先に知られない!?即日対応可能なファクタリングとは?

 

 

「ファクタリング」とは、融資を受けられない起業の助け舟的存在であり、売掛金買取サービスとも言われています。

 

売掛金は売掛先の支払期日が到来するまで通常は回収できません。これは当然のことです。

 

「このお金を事業運転資金に回したいのに、支払期日まで待たないといけないのか・・・」こんなもどかしい思いをされている経営者も多いことでしょう。

 

ファクタリングは、この売掛金を買い取り資金を提供する資金調達方法であり、銀行などから融資を断られてしまった企業にオススメのサービスなのです。

 

ファクタリングを利用すれば支払期日前に資金化できるので非常に役立ちます。

 

また場合によっては即日の資金調達も出来ますので、直ぐにでも資金が必要なとき、つなぎ資金が必要なときにも安心です。

 

ただしファクタリングを利用するためには条件があり、毎月安定した売掛金があること、入金が100万円以上あることなどが挙げられます。

 

また、個人事業主や自営業者の方は利用は出来ません。

 

資金繰りで困っているのであれば、このファクタリングサービスを利用するという手段を考えてみるのも良いのかもしれません。

 


 

 

法人企業や個人事業主がお金を借りる先としてあまりにも有名な日本政策金融公庫。

 

日本政策金融公庫という機関は、2008年に発足し、合計4つの政府系金融機関が統合しています。

 

簡単に言ってしまえば、政府から全額資本金を出資している政府系金融機関となります。

 

 

それではもう少し詳しく日本政策金融公庫について書かせていただきます。

 

日本政策金融公庫は例えば銀行からお金を借りることが出来ないような民間の中小企業、またはこれから新規に起業する方へ融資を提供している機関となります。

 

融資対象の中でも、得に創業資金に対し積極的な融資を行っており、全ての起業家にとって頼りになる存在と言えるでしょう。

 

冒頭でも書かせていただきましたが、この日本政策金融公庫は政府系機関の一種となりますので、あらゆる日本国民から「存在意義があり、現代には必要不可欠な機関」と感じられる運営が存続には絶対に必要となります。

 

そのことから、この創業融資については、存在意義を大々的に知ってもらうために、非常に有効となるのです。

 

 

しかし当たり前のことですが、日本公庫は返済能力が認められない人に対しての融資は一切行っていません。

 

それなりの事業計画書を提出し、返済の見込みがあることを納得させなければいけないのです。

 

ですので、いくら起業家と言いましても、日本政策金融公庫の融資審査を通過するのは正直難しいのです。

 

日本政策金融公庫は銀行の事業資金融資融資やビジネスローンに比べ審査通過しやすそうですが、決して審査が甘く緩いわけではないのです。

 

ちなみに、日本公庫の審査は消費者金融や銀行などとは別の審査基準となるのでご注意ください。

 

 

もし資金繰りがショートしそうな場合は、ファクタリングなどを利用するのもいいでしょう。

 

売掛金さえあれば、銀行融資・日本政策金融公庫などから断られていても資金調達は可能です。

 

ファクタリングについてはコチラに詳しく記載されているので、ぜひ検討してみるといいでしょう。

 

 

近畿大阪銀行のビジネスカードローン「わくどりくん」は、50万円〜最高で500万円までの借入ができます。

 

年利は14.000%の固定と銀行にしては高めです。

 

無担保無保証で法人・個人共に借入可能なビジネスローンです。

 

近畿大阪銀行の審査通過条件は様々ですが、特に「業歴が浅い企業」や「債務超過がある」と融資を受けるのはかなり厳しいようです。

 

 

銀行融資を断られた企業が次に利用するのが商工ローンです。

 

審査基準が甘い傾向にあり即日融資も可能なため、資金がショートしそうとなった場合に申し込む企業が少なくありません。
審査が緩いと一見ありがたいように思いますが、当然リスクも有ります。

 

銀行からの融資が受けられなくなったり貸し渋りをされてしまいますので、一時的な資金調達程度に止めたほうが賢明です。

 

その他の資金調達方法としてオススメなのが、ファクタリングです。

 

ご存じの方も多いかと思いますが、ファクタリングは借入れではなく、売掛債権を譲渡し、最短即日で資金を提供してもらうサービスです。

 

そのため信用情報に履歴が残らず、貸借対照表上でも負債にあたりません。

 

また審査も銀行とは異なりますので、売掛金が発生していれば通りやすいので、資金調達できる可能性は高いです。

 

 

ファクタリングによる資金繰りが良好になると銀行でも評価が上がり融資を受けることも出来るようになります。

 

もちろんリスクヘッジも備えていますので、事業運転資金の長期運用として活用するのにもオススメです。

 

 

宮崎太陽銀行のビジネスローンは2種類提供しています。

 

 

サポート上手

10万円〜最高で500万円までの融資が可能。年利は7.00%、10.00%、14.60%の固定タイプ。
個人事業主専用のビジネスローンで、担保保証人共に不要です。

 

仕事上手

10万円〜最高で300万円まで借入可能。
金利は年7.80%・年14.50%の2種類。
担保保証人共に不要で利用できるビジネスローンです。

 

 

資金繰りに最適な宮崎太陽銀行のビジネスローンですが、審査条件がいくつも用意されておりかなり、正直、審査の基準は厳しいと言われているのが現実です。

 

先ずは他で資金繰りを行い、順調になってから申し込むほうが良いかと思います。

 

商工ローンであれば審査が甘いので借入するのは銀行ほど難しくありません。

 

申し込んだその日に借入も出来る即日対応もしており、素早い資金調達が魅力でもありますが、金利負担が大きいですから長期的な借入れは避けたほうが良いでしょう。

 

審査が緩い業者は何かとリスクもあり、商工ローンの場合は銀行からの融資を断られたり貸し剥がしに合う可能性が高いです。

 

 

では事業運転資金はどこで調達すればよいのでしょうか?

 

オススメはファクタリングです。

 

企業の売掛債権を譲渡し、取引先の支払期日前に回収を資金化することができる金融サービスです。

 

依頼条件も銀行とは異なり、売掛債権が毎月発生していることや来月の入金が100万円以上であることなどが主です。

 

この2つを満たしているだけでも審査には通りやすいですから、相談してみる価値は大いにあります。

 

ファクタリングの良い点としては、「売掛金があれば、即日で大口の資金調達が可能」ということです。

 

資金ショートは会社の存続に大きく関わってきますので、融資を断られた場合でもファクタリングであればニーズに合わせることが出来ます。

 

 

 

もみじ銀行のビジネスローン「ジャストミート」について解説していますので、参考程度にご覧いただければと思います。

 

もみじ銀行のビジネスローンは、100万円〜最高で5000万円までの融資を可能としています。

 

少額から大口まで借入できますので、幅広いビジネスに対応できるビジネスローンです。

 

不動産担保・第三者保証は原則不要となりますが、条件によっては必要となる場合がありますのでご注意下さい。

 

既に他から借り入れをしていても問題ありません。

 

 

気になる「もみじ銀行ビジネスローン」の審査基準ですが、やはり銀行が提供するだけあって厳しくみられるようです。

 

資金繰りするのは難しく、また申し込みから融資までに時間がかかりますので、即日にでも借り入れをしたい場合などは向いていません。

 

 

商工ローンであれば比較的審査が甘い・緩いケースが多いので、通りやすいと言われており融資までの時間は短くて済みます。

 

つなぎ資金として利用するのには良いかもしれません。

 

ですが銀行からの融資を受けにくくなったり、既に借り入れをしている状況で商工ローンを利用すると、借入先から融資を打ち切られることがありますので注意が必要です。

 

 

銀行や商工ローン以外の資金調達先としてチェックしておくと良いのがファクタリングです。

 

企業の売掛債権を譲渡し、支払期日前に資金を提供してもらうことができる金融サービスです。

 

最近ではこのサービスで事業運転資金を回す企業が増加しており、新たな助け舟として人気を呼んでいます。

 

即日資金化も可能としており資金ニーズに迅速的に対応できる強みがあります。

 

またリスクヘッジも兼ね備えており、万が一債権が回収不可能となった場合でもファクタリング会社が保証をしてくれるのです。

 

もちろん必ず保証してくれるわけではありませんので、その点は確認する必要があります。

 

 

ファクタリングは売掛債権が発生していることが前提条件となり、他にも会社によっていくつか審査を通過するための条件が用意されています。

 

資金繰り先でお悩みであれば詳細だけでもチェックしてみるとよいでしょう。

 

資金ショートで倒産してしまう企業は沢山あります。

 

資金調達は会社の存続に大きく関わってきますので、安全かつスピーディーに対応できるファクタリングがオススメです。

 

 

ビジネスアシストローンは関西アーバン銀行が提供するビジネスローンで、無担保型と担保型の2種類があります。

 

それぞれの融資額や審査が甘い・緩いのかなどご紹介していきたいと思います。

 

 

無担保型

法人は最高で3000万円まで、個人は最高で2000万円まで借入れ可能です。
原則第三者保証人不要で資金繰りが出来るビジネスローンです。
原則3日以内に回答するスピード対応ですので、資金ショートのピンチの時にも最適です。

 

 

有担保型

法人は最高で3億円まで可能な大口融資。
個人は最高で5000万円まで可能です。
原則第三者保証不要で借入れできます。
また法人の場合は5年間の固定金利特約付きです。

 

 

無担保型も担保型も審査は比較的厳しめなようで、関西アーバン銀行から事業運転資金の調達をするのはなかなか至難の業のようです。

 

銀行融資を断られた場合、商工ローンから融資を受ける企業も多いです。

 

金利は高めですが、即日対応をしていることが多くつなぎ資金として一時的に利用する場合には良いかもしれません。

 

 

銀行商工ローンそれぞれメリット・デメリットがありますが、近年日本でも多くの企業が注目をし利用し始めているのがファクタリングです。

 

新たな助け舟として注目度の高い金融サービスで、売掛債権を買い取ってもらい資金を提供して貰う方法です。

 

これにより、すぐ即日で事業の運転資金を獲得することも可能です。

 

審査方法も銀行とは異なり、売掛債権が毎月安定して発生している法人企業であれば通りやすいです。

 

まずは詳細だけでもチェックしてみることをオススメします。

 

 

紀陽銀行では様々なビジネスローンを提供しています。それぞれの特徴など簡単にですがご紹介していきたいと思います。

 

 

和歌山県信用保証協会

・ビッグチャージIV
借入額・金利は要相談。業歴1年以上であることが条件。

 

当貸プライム

比較的大口融資にも対応しており、業歴3年以上の企業が対象。

 

紀陽カードローンJ

気軽に借りれるカードローンサービス。まとまった資金ではなくいざという時のために役立ちます。
業歴が1年以上であれば融資可能。

 

 

 

大阪信用保証協会

・紀陽CSファンド
スピーディー対応で即日融資も。つなぎ資金として活用するのにも最適なビジネスローン。

 

 

地域応援団<パートナー>

最高1000万円までの大口借入れも可能。
変動金利ですが、比較的低金利で経営の負担を軽減して資金繰りが出来ます。

 

 

<キヨー>ビジネス・クレジット

融資額は100万円〜最高で500万円まで。
年利は8.00%〜14.00%と銀行の中でも平均的で借りやすいビジネスローン。
無担保無保証で利用可能です。

 

 

 

紀陽銀行では事業形態に合わせてローンを選択でき、事業運転資金の調達に困ることはありません。

 

気になる審査はやはり厳しい審査が行われるようで、資金融資はなかなか難しい傾向にあるようです。

 

企業によっては資金ショートや支払期日前に資金が必要といった場合もあるかと思います。

 

そのような場合、商工ローンを活用する企業も少なくありません。

 

審査は銀行に比べ甘い・緩い場合が多く即日融資もしていますので急な資金調達には役立つかもしれません。

 

 

これに対しファクタリングは、審査に比較的通りやすい上に即日にも対応していますのでオススメです。

 

ファクタリング会社に売掛債権を譲渡し、資金を提供してもらう金融サービスで、より迅速的で効率的に資金調達を可能にしています。

 

毎月安定して売掛債権が発生していることが第一条件ですが、依頼する会社によって異なりますので、詳細を確認してみるとよいでしょう。

 

融資を断られた企業でも、銀行とは審査方法が違いますので、相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

いよぎんビジネスサポートローンは、伊予銀行が提供するビジネスローンです。

 

融資額や審査に通りやすいのかどうかご紹介していきます。

 

いよぎんビジネスサポートローンの融資額は500万円型・300万円型の2種類を用意しています。

 

専用のローンカードを使用すれば近くのATMにて気軽に借り入れが出来ます。

 

法人個人共に保証人が必要となりますので、申し込みの際はご注意下さい。

 

いよぎんビジネスサポートローンは担保・保証人が必要なだけでなく、審査も厳しいようですので借入れするのは難しいです。

 

審査期間も長く即日対応している業者をお探しの場合は、いよぎんは向いていません。

 

銀行融資は長期的に付き合っていく事を前提に選ぶほうが良いでしょう。

 

これに対し商工ローンは審査が甘い場合が多く、つなぎ資金や急な資金調達のために借入れをすることが多いです。

 

対応が早いのは嬉しい事ですが、商工ローンは金利負担が大きいので、長期的に事業運転資金を調達すのには向いていません。

 

あくまで銀行融資を断られた企業が一時しのぎで活用する場合が多く、他にもデメリットが多いので審査が緩いという理由で活用する必要はないでしょう。

 

 

銀行や商工ローン以外の資金調達方法として近年多くの企業が採用しているのがファクタリングと呼ばれる金融サービスです。

 

企業の売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい、即日などの早期に資金を調達することが出来ます。

 

銀行で融資を受けるとなると審査が厳しい上に時間もかかり、資金ニーズに対応させることが出来ません。

 

しかしファクタリングであれば、即日、さらには大口対応も可能ですので、より使い勝手が良いです。

 

ファクタリングの利用条件は会社よって異なりますが、売掛債権が発生していること来月の入金が100万円以上発生していることが必要です。

 

法人企業のみが利用できるなど注意点もいくつかありますので、詳細を確認してみるとよいでしょう。

 

融資を断られた、資金ショート、事業運転資金が順当に調達できないとい

 

 

愛知銀行では主に3種類のビジネスローンを展開しています。

 

それぞれの特徴や審査が通りやすいのかなどご紹介します。

 

 

当座繰越「L.L」

融資限度額は100万円〜最高で2億8000万円まで。
変動金利タイプで、5000万円以内であれば担保は原則不要となります。
連帯保証人は個人の場合は不要、法人は代表者が必要となります。
印紙代不要で借入れできますので節約にも繋がります。
限度額の範囲内であれば何回でも借入することが出来るので、使い勝手の良いビジネスローンです。

 

 

新長期栄ローン

200万円〜最高で1億円まで融資を可能としているビジネスローンです。
不動産を担保にする必要があり、保証人も必要となりますので、申し込みの際はご注意。

 

 

事業者カードローン「セイフティ」

100万円〜最高で2000万円まで融資。ATMで気軽に借入可能できるビジネスローン。
無担保、保証人は法人の場合は必要となります。

 

 

愛知銀行の事業者ローンの気になる審査ですが、どれも厳しめの傾向にありますので、残念ながら資金繰りは困難かも知れません。

 

業歴が浅い、業績が悪いと審査に通るのは難しいでしょう。

 

資金がショートしてしまっては困ってしまいますので、とりあえず一時的な利用としてつなぎ資金の融資を受けるのに商工ローンを利用する企業もあります。

 

商工ローンは高金利ではありますが対応が早く即日融資を可能にしているところもあります。

 

審査の基準に関しても銀行などよりは甘いく緩い傾向にあるようです。

 

ですが銀行からの貸し剥がしにあったという企業も多いですから、今後銀行と長期的な付き合いを考えている場合は無理に利用する必要はないでしょう。

 

 

今、多くの日本企業が新たな資金調達先としてファクタリングを利用しているのをご存知でしょうか?

 

企業の売掛債権をファクタリング会社に譲渡することで、資金を早期に提供してもらえる金融サービスをファクタリングといいます。

 

債権の支払期日前に資金化をすることが出来ますので、今までの方法よりも事業運転資金が調達しやすくよりニーズに特化していると言えます。

 

銀行からの融資を断られたという企業も、ファクタリングによる資金繰りが好調になれば、後々融資を受けられるようになる可能性もあります。

 

個人事業主は依頼できませんので注意が必要ですが、審査条件は銀行ほど厳しくありません。

 

会社ごとに通過条件は多少異なりますが、売掛債権が安定して発生していると依頼できる可能性は十分にあります。

 

資金繰りでお悩みであれば銀行や商工ローンだけでなく、ファクタリングもチェックしてみると良いでしょう。

 

阿波銀行のビジネスローンは2種類で「あわぎんクイックローン」と「あわぎん事業者カードローン」です。

 

 

あわぎんクイックローン

500万円〜最高で1億円まで融資可能。手続きが簡単で手間いらず、最短即日借入にも対応している頼もしいビジネスローン。
事業運転資金、つなぎ資金として利用するのにも最適です。

 

 

あわぎん事業者カードローン

100万円〜最高で2000万円までの融資限度額。休日でもATMから借入可能で便利で使いやすいビジネスローンです。

 

 

どちらも人気のビジネスローンですが、阿波銀行は審査が甘いということはまずありませんのでご注意を。

 

利用条件は、業歴2年以上、債務超過がないことが挙げられています。

 

銀行はどこも条件が厳しく断られたという経験をお持ちの企業は少なくありません。

 

商工ローンですと銀行に比べ審査が緩いので借り入れはしやすいです。

 

ただ金利が高く、負担が大きくなりますので安易に申し込まないことです。

 

場合によっては貸し剥がしに合うこともありますので、長期的な資金繰りとしては活用しないほうが良いでしょう。

 

 

しかし、いま注目のファクタリングであれば低リスクで資金調達が可能で、より迅速的に資金調達出来ます。

 

ファクタリングは、売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい、資金化を図る金融サービスです。

 

アメリカでは以前から利用されていたサービスですが、近年日本でも徐々に利用され、浸透してきています。

 

売掛債権を支払期日前に資金化する事ができる素早さと、取引先の倒産時でも保証してくれる安心さを兼ね備えています。

 

即日に資金化することも可能で、ニーズに合わせることが出来るのは企業にとって大きなメリットといえるでしょう。

 

銀行融資を断られた場合でも、ファクタリングなら審査通過条件が全く異なりますので依頼できる可能性は十分にあります。

 

基本的には売掛債権が毎月安定的に発生していることです。

 

他にも会社によって条件は異なってきますが、大体は売掛債権が安定していれば通りやすいと言われています。

 

資金繰りでお困りの企業は、資金がショートする前にファクタリング会社に相談してみると良いかと思います。

 

個人事業主は利用出来ませんのでお間違えなく。

 

三菱東京UFJ銀行のビジネスローン「融活力」は、最高で5000万円までの融資を行なっており、資金を有効的に活用することが可能です。

 

年2.35%〜年9.00%と銀行ならではの低金利で借り入れができるのも魅力的です。

 

資金繰りに困っているのであれば是非とも融資を受けたいでしょうが、審査はやはり厳しめのようですので条件が整っていないとかなり難しいといえます。

 

銀行以外からの資金調達方法としては商工ローンから借入れをする方法もあります。

 

商工ローンというのは、銀行よりかは審査に甘い・緩い傾向にあり通りやすいようですが、金利が高くなるのが大きなネックと言えます。

 

会社を経営する上で余計な経費は極力抑えたいところでしょうから、高金利で貸付を行なっている商工ローンは出来れば避けたいところです。

 

また商工ローンを利用していると、既に融資を受けている銀行から打ち切られることもあります。

 

手のひらを返すように融資を断られたという経験をされた方も少なくありません。

 

資金がショートしてしまっては会社の存続が危うくなってしまうだけでなく、従業員への給料も払えなくなってしまいます。

 

そこでぜひともチェックしておきたいのが、今、資金調達でお困りの方たちから注目されているのが「ファクタリング」です。